スルメ日記

ライターのユッキィ吉田が「ゆるい日常」を綴っております。

「待つ」「許す」

大阪は、4月7日に緊急事態宣言が発令され、劇場や映画館が軒並み休業。楽しみにしていた落語会、舞台公演、イベントがすべて中止になってしまいました。仕事も大半がキャンセルになり、大きな痛手を受けています。

 

ニュースを見ると、気分が滅入り、心がざわついてしまう。これからのことを思うと不安がよぎってしまいます。

 

f:id:bluesnake:20200412154910j:plain

しかし、考えようによっては、貴重な期間かもしれない。ふだんできなかったことを、やればいいんです。

 

時間がないことを言い訳に、できなかったことはたくさんある。

 

・ゆっくり本を読む。

・凝った料理を作ってみる。

・大掃除して部屋をスッキリさせる。

・ウォーキングしながら風景を撮影する(写真の勉強)。

・ちょっと遠出して、知らない町を歩いてみる。

・春の野菜を育ててみる。

(ちなみに散歩はOKだそうです)

 

NHKラジオ「宗教の時間」で宗教学者釈徹宗さんがこんなことを言っていました。

 

いま人が必要なのは「待つ」とこと「許す」こと。ウィルスと闘うのではなく、共存していく方法を探す。そういう生き方を、人類は求められている。

 

ストーンと腑に落ちました。

焦らず、騒がず、誰をも憎まず。そうありたいです。