スルメ日記

ライターのユッキィ吉田が「ゆるい日常」を綴っております。

「七味五悦三会」後編

「七味五悦三会」の後編、「五悦、三会」を記しておきます。

 

■五悦

春風亭一之輔落語(3月4日・道頓堀ZAZA)

多方面で人気の一之輔さん。初めて生で聴くことができた会です。
NHKの「超入門!落語 THE MOVIE」や「落語ディバー!」でしか知らなかったのですが、高座では、愛嬌のある噺家さんでした。古典落語を実に軽やかに演じており、古典の凄さを改めて実感させられました。
サービス精神にも感服。

 

●昭和山ハイキング(5月7日)

大阪八低山の一つ「昭和山」(大阪・大正区)へ友人と登ってきました。
「山」といっても標高33メートル。5分で登れます(笑)
天気がよく、山頂からは大阪湾の眺めが素晴らしかった。

ブログには書いていませんが、登山後、大正区名物の渡し船にも乗り、
なんとも気持ちよかったことを覚えています。

bluesnake.hatenablog.com

●花詩歌タカラヅカ「王家に捧ぐ歌」(5月30日・天満天神繁昌亭

毎年恒例の花詩歌タカラヅカ公演。
宝塚ファンの噺家、芸人が一堂に介して、本家そっくりの舞台を繰り広げるという公演です。2022年は「王家に捧ぐ歌」。オペラ「アイーダ」で有名な作品ですが、エジプトとエチオピア、2つの国に引き裂かれた男女の悲恋物語です。
わずか2日間の公演に、忙しい合間を縫って稽古に励む芸人さんの熱意に、いつも感動しています。


藤山寛美三十三回忌追善公演(5月25日・大阪松竹座

寛美さんの十八番「大阪ぎらい物語」を娘の直美さんが見事に演じました。
元は男役の阿呆ぼんを、娘役に置き換えての脚本でしたが、
それがうまくハマり、名演になったと感じました。

bluesnake.hatenablog.com

●大なごやらくご祭(12月23日・名古屋市公会堂

こちらも毎年恒例の落語祭。
東西の人気噺家が名古屋に集まる4日間。
SWA(創作話芸アソシエーション)の回を見たのですが、今年のテーマは「個展アフター」有名な古典落語の「その後」を創作して口演してくれました。

bluesnake.hatenablog.com

 

■三会

2022年は出会いそのものが少なく(コロナのせいです・哀)
残念ながら「二会」となりました。

お名前は明記しませんが、御二方ともトークライブに登壇されていたベテランのノンフィクション・ライターです。

その生き方にも共感したのですが、印象に残った一節があります。
書く原動力は、「書きたい」ではなく「変えたい」。
現状をより良い方向へと変えたい「思い」が取材や執筆の根源にある。
だから書けるのだ、と。


この言葉、座右の銘となりました。

「七味五悦三会」前編

すっかり正月気分も抜けた頃に恐縮至極ですが、

昨年の「七味五悦三会」を記しておきます。

 

「七味五悦三会」は江戸時代から風習でして「その年に食べた七つの美味しいもの」
「五つの楽しかったこと」そして「三つの良き出会い」。これを大晦日に家族で紹介しあう風習です。すべて言うことができれば、よかったねと喜びあい、足りなければ、来年への希望を分かち合う。そんな滋味のある風習です。

 

ということで、まずは「七味」から。

 

●越前そば(武生製麺

 

 

そばどころ越前らしいコシがあり、「もり」でも「かけ」でも美味しい一品。
2人前で300円程度なので、お得です。
私はそば好きなんですが、大阪には美味しい蕎麦屋が少ない。
うどん文化の土地なので仕方ありませんが、この越前そばで「そば愛」を満たしています。

 

●お肉屋さんの牛すじカレー(ヒョウチク)

 

 

スーパーで買えるレトルトカレーです。値段は100円。
にも関わらず、牛すじが大量に入っていて、しかも美味しい。
このカレーに出会って、家でカレーを作る機会が減りました。

●てっぱい

 

 

生まれ故郷・香川県の郷土料理です。薄切りにした鮒(ふな)を、大根やにんじんと酢味噌であえた一品。
小さい頃はよく食卓に並んでいた普段のおかずですが、子供の私は、どうも苦手だったのです。しかし最近、食べる機会があり、その美味しさに病みつきに。
味わいがわかる年齢になったからかもしれません。

 

(詳しくは、この農水省のサイトをご覧ください)

www.maff.go.jp

 

●ポテトチップス(創健社

 

 

ポテトチップスといえば、カルビー湖池屋をはじめ数多くのメーカーが製造しています。
この創健社のチップスは、薄塩でじゃがいもの味がしっかり味わえます。福祉施設の販売で購入したのですが、その美味しさに驚きました。

 

●信州りんご(あくと)

 


お世話になっている「松野農園」を通して購入した信州りんご。
ほぼ無農薬栽培で、甘味と酸味のバランスが抜群でした。
このりんごを食べたら、他のは食べられない。そんな極上品です。

 

●光黒豆もち(Befco)

 


北海道産の「光黒豆」を使ったおかきです。
黒豆というと丹波産が有名ですが、こちらは、知られざる逸品。
140円というお値段もありがたい。

 

●トルティアチップス(イオン)

 

 

最後は、イオン(トップバリュー)のトルティアチップス。
とうもろこしを原料としたチップスで、とても軽く、胃もたれしません。
一時期ハマってしまい、毎日一袋食べていたことも。
流石にそれはマズいと思い、自重しました。
まぁ、それほど美味しいという証拠ですね(笑)

 

振り返ってみると、菓子類が多く、いかに割安な食生活をしているのかが、よく分かりました。
でも、豪勢な料理もいいけど、日々のちょっとした食事(おやつ)で満足できた方が、幸福ではないかと思う次第です。


残りの「五悦、三会」は明日、投稿しますね。

 

隠蔽される実態 ETV特集「ドキュメント 精神科病院×新型コロナ」

2021年のことですが、どうしても書いておきたいと思います。

それは、2021年7月31に放送されたETV特集「ドキュメント 精神科病院×新型コロナ」についてです。

コロナ禍で精神疾患を持つ患者はどうなっているのか。その実態を知るため、東京で最大の病床を持つ精神科病院、都立松沢病院を1年間追ったドキュメントです。

 

www.nhk.jp

まず、精神疾患を抱える人がコロナに感染すると、行き場がなくなる。
しかし、なんとか受け入れようとする松沢病院のスタッフ。
カメラは、その奮闘が実に生々しく捉えていました。

 

不勉強にも知らなかったのですが、日本は世界の精神科病床の2割を占めている精神科大国だそうです。こちらの東洋経済の記事にも詳しく載っていますが、精神科は「ベッド数を多くして稼ぐビジネスモデル」になっているのが現状なのです。

 

toyokeizai.net

特例措置により、精神科は他の診療科に比べて、医師や看護師数が2分の3で済むという現実も。結果、人件費が安く済むため、悪質な業者が開業するケースもあるそうです。

 

番組ではイニシャル表記でしたが、都内のYという精神科病院が凄まじかった。
コロナの陽性が判明した患者を、大部屋に集めて治療をせずに放置。部屋にある、仕切りのないトイレで用を足させたり、外から南京錠をかけるといった不法行為を繰り返している。保健所が調査に来ると、まずい部分は隠してしまう(それで帰る保健所職員も職務怠慢としか言えない)

 

海外では精神科患者を病院ではなく、社会へ出て、ふだんの生活をしながら地域で見守っていく。そういう治療が主流になっています。
しかし、日本は真逆の状態。この落差に愕然とするしかありません。

2023年の目標

今日から仕事はじめという方が多いと思います。
年頭に目標を書き記しておきます。

 

今年の目標。1つ目は「早寝早起き」

 


なんだか小学生みたいですが、宵っ張りの身としては、真剣なんです。
フリーランスなので、時間の使い方は自由。なので、深夜までネットやテレビを見たり、本を読んだりしてしまう。

 

その結果、朝も遅くまで寝てしまう(酷いときは午後に目覚めることも)。
時折、早く出かけねばならない日があるのですが、日差しを浴びると「なんて気持ちいいんだ!」と感動すら覚えます。

この晴れやかな気分を少しでも多く味わいたい。

 

2つ目は「筋トレ」です。

3年前から週に1回、断食を始め、体重が7kg減りました。
まる1日、胃を空っぽにすると、確実にやせます。
ダイエットには最強の方法だと実感しました。

 

ということで、次は筋力のアップ。
体重が落ちた反動で、体脂肪率は高めの状態(脂肪はなかなか落ちません)

私は血管が細い体質でして、採血や点滴の際、看護師さんが注射針を指すのに一苦労するほどです。血管を強くするには、筋肉を増やすのが一番だと聞き、決心した次第なのです。

まずはランニングから。
そう決意する年初です。

海への郷愁 雑誌『島へ』

昨年から『島へ』という雑誌を定期購読しています。

 

 

海風舎という出版社が発行している「日本で唯一の島マガジン」です。日本の島に関する文化、歴史、風土、食べ物、人間模様などをていねいに取材しており、読み応えのある1冊です。

 

私は、瀬戸内海に面した香川県で生まれ育ったこともあり、小さい頃から島で海水浴やキャンプをする機会が多くありました。島にはなじみがありましたが、大人になって、ほとんど行くことがなくなり、少し残念な思いを抱いてい多ところ、見つけたのが、この雑誌。

 

 

国土交通省によると、日本には、6432の島があるそうです(そんなに!)
私が育った香川県には、112の島があり、そのうち、24島に人々が暮らしています。
多くの島がありながら、訪れたことがあるのは、わずか4島。

 

故郷なのに知らない場所ばかりです。
まずは地元の島めぐりに出かけてみたい。
そう思っています。

 



地球の豊かさ 『翻訳できない世界のことば』

『翻訳できない世界のことば』(エラ・フランシス・サンダース著)というユニークな絵本を読みました。

 

外国語には、他の言語では言い表せない言葉が存在するそうです。それらの言葉を集めたユニークなイラストブックです。著者は世界を旅するイラストレーター。旅先で出会った言葉を収集し、背景にある文化や歴史も織り込んで、楽しく読める一冊になっています。

 

どんな言葉が載っているかというと

 

 

○「TIMA」アイスランド語


時間やお金のように限りがあって、たやすく指の間をすりぬけ、こぼれてしまうようなものを手放すのはむずかしいことです。一度失うと取りもどせないのもだから、できる限りそれを保持していたいというのも当然といえます。

 

 

○「KILIG」タガログ語

 

きっとあなたもご存じでしょう。ひとたびこの気分になると、まともにものが考えられず、どんなことにもほほえんでしまうし、胃の奥のほうからわくわく感がこみあげてきます。

 

 

○「GEZELLIG」オランダ語

 

どのオランダ人にたずねても、みんなgezelligについて語ってくれます。
あたたかく、まるで家族のようにむかえいれ、
たのしい会話やハグで心をリラックスさせてくれる文化が、そこに現れています。

 

日本語もあります。

 

 

○「ボケっと」日本語


日本人が、なにも考えないでいることに名前をつけるほど、それを大切にしているのはすてきだと思います。
いつもドタバタ忙しいくらしのなかで、あてもなく心をさまよわせるひとときは、最高の気分転換です。

 

○「積ん読」日本語


積ん読のスケールは、1冊だけのこともあれば大量の読まない蔵書になっていることもあります。
玄関を出るまでに、ページを開いたことのない「大いなる遺産」の本にいつもつまずいてしまう、知的に見えるあなた。
その本、日の目を見る価値があると思いますよ。

 

ボケっとするのが、最高の気分転換になるとは、うれしい言葉。
積ん読は「大いなる遺産」だそうです。
これからは堂々と遺産を増やしていきます(笑)

古典アフター「大なごやらくご祭」

あけましておめでとうございます。
昨年はあまり更新できず、忸怩たる思いでした。
今年はそのようなことがないよう、頻繁に更新したいと決意しています。

昨年のことになりますが、記録のために書いておきます。

 

毎年恒例の「大なごやらくご祭」(名古屋市公会堂)に行ってきました。
4日間にわたり繰り広げられる、落語ファンにはうれしいイベントです。
観たのは、SWA(創作話芸アソシエーション)の高座。
SWAは毎年テーマを設定して上演をしているのですが、今年は「古典アフター」。
有名な古典落語の「その後」を4人が創作して口演する趣向です。

 

 

演目は以下の通り。

三遊亭白鳥かわうそ島の花嫁さん」

柳家喬太郎「ほんとうは怖い松竹梅」

林家彦いち「厩大火事」

春風亭昇太「本当に怖い愛宕山

 

 

ちなみに白鳥さんの元ネタは、「大工調べ」だそうです。
なぜ「かわうそ島」になったかは、聞いても分かりませんでしたが(笑)
実に破天荒な師匠らしいアフターストーリー。

 

喬太郎さんの「松竹梅」アフターは、そう来たか!というラブストーリー。
とはいえ、単純な恋物語ではないところが、いかにも師匠らしい。
傑作「カマ手本忠臣蔵」を彷彿させる名作でした。

 

彦いちさんは「厩大火事」。元ネタをどんどんエスカレートさせていく様子が、なんともいえずに面白い。体育会系の真骨頂です。

 

昇太さんの「愛宕山」は旦那を見返そうした太鼓持ちが、洞窟で出会った神様のお告げによって、どんどん出世。最後は旦那を雇うようになる、というストーリー。
昇太さんらしい、全身で表現する一席でした。

 

 

2022年の楽しい笑い納めになりました。